先端技術大賞 東大大学院の照月さんら表彰(産経新聞)

優れた研究成果を挙げた理工系学生や企業・研究機関などの若手研究者を表彰する「第32回 独創性を拓(ひら)く 先端技術大賞」(主催・フジサンケイビジネスアイ、後援・文部科学省経済産業省フジテレビジョンニッポン放送産経新聞社)の授賞式が11日、高円宮妃久子さまをお迎えし、東京・元赤坂の明治記念館で開かれた。

 式典では、昆虫の嗅覚機能を利用した匂いセンサーの研究に取り組んだ東京大学大学院の照月(てるつき)大悟さんに学生部門のグランプリに相当する「文部科学大臣賞」が、革新的な紡糸技術「ナノデザイン」の研究・開発に取り組んだ東レには社会人部門の最高賞「経済産業大臣賞」がそれぞれ贈られた。このほか、6件の研究も顕彰した。

 審査委員長を務めた日本工学アカデミー会長の阿部博之・東北大名誉教授は「学生部門では斬新な発想やユニークな着想に加え、人工知能(AI)などの研究も目立った」と講評。

 久子さまは「科学技術分野では解明を待つ研究領域がまだ数多くあり、若い方々の独創性あふれる研究に期待したいと思います」と述べられた。